高次元のトリートメント効果とデザイン性を発揮

マーベリックデザイントリートリートメントは、高濃度ハイクオリティケラチンとシステアミンの相乗効果で、高次元のトリートメント効果とデザイン性を発揮します。

施術はとてもシンプル。0001Aを塗布し中間水栓の後001Bを塗布し水洗するだけ。シェープしても垂れず、ワインディングしても中間水洗で簡単に洗い流せます。
標準塗布量:001A 40g ・ 001B 40ml

今日のモデルさんはくせ毛で乾燥しがちで広がりやすい毛質です。今回はデザイントリートメントを使って、髪質改善、毛先にカールを作って可愛いスタイルにしたいと思います。プレリンスが終わった後、軽くタオルドライをしてデザイントリートメント001Aを塗布していきます。

均等にしっかり塗布していきます。あら刃でコーミングしていきます。くせが取れてきます。そこから毛先にワインディングしていきます。仕上がりのイメージの1つ下のサイズのロットで毛先を1回転半の所で巻いていきます。10分間加温後テストカールします。続いてプレリンスを行います。ストレート部分から毛先のカールまでデザイントリートメント001Bを塗布し10分間放置します。根元は、ボリュームダウンのために、毛先はカールのために2剤(001B)を塗布します。

10分経ちましたら、ロットアウトしてプレリンスを行います。

マーベリックデザイントリートメントの集合講習の動画です。

マーベリックデザイントリートメント001A(1剤)と001B(2剤)のみで施術しました。 処理剤や添加剤のマーベリックEX1・EX2・EX3・EX4・EX5・EX6は使用していません。

1人目のモデルさんは、髪にハリコシがなくトップにボリュームがない状態です。 トップにボリュームが出るパーマを施術しました。髪にハリコシが出てボリュームがあるヘアスタイルが出来ました。 デザイントリートメントはハリコシがない髪に使用するとハリコシのある髪に髪質改善します。

2人目のモデルさんは、硬い髪でハチが張ったような状態です。 ハチのふくらみを抑えたいのでトップからサイドにかけてはボリュームダウンのストレートパーマ、毛先はまとまりを良くするためにニュアンスパーマを施術しました。 ボリュームダウンでハチのふくらみが抑えまとまりのあるヘアスタイルが出来ました。 デザイントリートメントは硬い髪に使用するとシナヤカでやわらかい髪に髪質改善します。

3人目のモデルさんは、くせ毛でブリーチ毛なのでかなりダメージがあり、髪が広がり指通りも悪い状態です。 ボリュームをダウンして広がりを抑えるために髪全体にストレートパーマを施術しました。 髪全体のボリュームがダウンしてすっきりまとまりました。

デザイントリートメントはダメージを補修し指通りの良い髪に髪質改善します!